So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

赤ちゃんカエルの育て方 [アマガエル]

アマガエルの上陸も本日で3匹を確認
こういうのって加速していきますよね

さて、上陸したてのアマガエルの飼育は難しいと言われています
なぜなら、小さいから
そして、小さいくせに生き餌にしか反応しないから

まあ、1匹なら手厚く目の前でピンセットに摘んだエサを振ってあげることも可能
でも、普通はそんなに人間暇じゃない
世の中には生きたショウジョウバエを販売もしているしネットでも手に入る
でも、ちょっとね

そんなときは汚く飼育するのがおすすめですw

アマガエルのオタマジャクシが上陸したらどんなところにいるか?
それを想像してみる

綺麗な飼育ケース、水苔が敷いてあって、澄んだ水が側にある…
なわきゃないw
実際は、田んぼの近くのジメッとした薄暗い物陰とか…
風もろくに通らないような木の隅っことか…
そんなところ、いわゆるバッチいとこ

早い話、それを再現してあげればいい

皆さんの家にはコバエが飛んでくるだろうか?
虫1匹わかないような高層マンションの一室でもなければ虫っているもんですよね?
彼らに繁殖してもらえば良いわけです

…なのでここからは家の中で観察したい人向けではないですよw

用意するもの
1)プラケース(軽く持ち運びやすくメンテしやすい)
2)腐葉土1袋(ダイソーとかのものでいいです)
3)水場になるような容器
以上!

プラケースに腐葉土をエイっと入れて水分で十分に湿らせます
厚みは2cmもあれば十分です
バナナの切れ端なんかをこれもエイっと入れます
入れたら蓋をして外に放置
日のあまり当たらないところ、風通しの良い所が良いでしょう
その後の管理は腐葉土が乾燥しない程度に全体を湿らせるだけ

樹上性のカエルでない場合は登ることのできる石を入れておいてください
カエルだって適度に体を乾かしたいときもあるので…

2〜3日もすれば嫌〜な感じで微生物が湧いています
更に、蓋の隙間からコバエがやってきて卵を生んでいくことでしょう
けして観察して気持ちのいいものじゃないですよw

水は、カエルがいてもいなくても3〜4日に一回交換しましょう
意外なほど汚濁します
…汚濁の理由は言いませんが…
ばっちいものを触れない方には難易度高いかも…

ここは大事なところです、なにか得体の知れない昆虫が湧いているかどうか!
これだけは確認してください
なんでも良いので湧いていればもういつでも赤ちゃんカエルをそこに放てます
…若干の弱肉強食にはなりますが…
そこでカエルは自然に湧いた虫ややって来る虫を食べて育ちます

自然に任せていますので過密飼育は出来ません、そこは注意

自然に任すといっても明らかに腐ったバナナは定期的に交換しましょう
交換時に虫が飛んで逃げてしまいますが無問題
彼らはまた新しいバナナのもとに戻ってきますw
バナナが腐るのとか嫌な方は昆虫ゼリーでも良いかも知れません

水の交換のときくらいしか赤ちゃんカエルの成長は拝めませんが…
そのほうが彼らもストレスがなくて良いのかも知れません

一般的には体長の半分くらいのサイズの昆虫を食べると言われているので…
手に入るエサのサイズによってですが…
1〜2ヶ月はそこで暮らしてもらうことになります
時々は匂いを嗅いでいわゆる異臭がしないかだけはチェック
異臭がしたら腐葉土は交換です
腐った腐葉土は乾燥させて植木鉢の肥料にでもするといいでしょう

nice!(0)  コメント(0) 

おたまじゃくし (Day 76・最終回) [アマガエル]

最終回というと全滅か?と一瞬思われた方もいるかも知れません
でも大丈夫、とうとう上陸しましたw

so1166.jpg

長かった…
まあ、動物性蛋白質がちょっと足りなかったせいかも知れませんが…
あと、過密飼育のせいも少しあるかも

とにかく、ヨシノボリやオヤニラミにあげてもあげても…
減らない

当初は数十匹と思ってたんですが…
余裕で100を超えていた模様
何しろ、今でも100近くいる雰囲気です

アマガエルのあの小さな体でそこまで多くの卵を生むとは思わなかった
…あと、捕獲した当日の夜に産卵するとか予想してなかったです

どっちにしろ、それを5リットルほどの容器で飼育したのが間違いだったかも
選別してもう少し大きな容器で飼育するべきでした
…反省

さて、何匹が子供のアマガエルになれるのか?
自然の力を借りつつ飼育者として頑張ってみます

nice!(0)  コメント(0) 

おたまじゃくし (Day 70) [アマガエル]

前回は Day 48 でした
その後大きな変化もなく…
主にオヤニラミとヨシノボリのエサとしてのみ存在していたおたま

ただ単にエサにしていたのではなく
明らかに育ちが悪いおたまじゃくしをエサにしていました
そう、育ちの良いものを選出しても大きな変化なしだったんです

で、ググるわけですよ
なるほど、なんでも食べるとは言いつつ動物性蛋白質が肝心とのこと
特に足を生やすには与えたほうが良さげ…との情報を得た

なので、エサを植物性中心から動物性中心へ変更
簡単に言うとコリドラス用からザリガニ用をメインに!
更に、乾燥アカムシをオン!

お〜、乾燥アカムシに群がる群がる…足りてなかったんだなお前たち!
そして、8日あまり!
so1165.JPG

生えた!

おたまじゃくしの成長が遅いな!と思われたら…
動物性の餌を中心に与えると良いような感じです
乾燥アカムシでもぜんぜん大丈夫です
ぜひ、おたまじゃくしに動物性蛋白質を!

nice!(1)  コメント(0) 

自然の力 in ビオトープ [ビオトープ]

so1164.JPG

枯れたんかいな?と思っていた睡蓮もいつのまにか葉を増やしていました
その他諸々、生きている

例えば、シジミとか…
…別のビオだとシマドジョウとか…越冬してたのね?

ホントはこのビオでカニもカエルと良いんだけどね
フタでもしないとカエルは一瞬で…
カニはいつの間にか脱走してしまうからね
残念

そして、楊貴妃たち
売られているものより赤が抜けてきたような気もするけど…
それでも普通のヒメダカよりは赤い

ホントは勝手にここで増えてくれると良いんだけど…
何故かここでは増えてくれない
卵は産み付けてるしマツモが良い揺り篭になる気がするんだけど…
どうも、ここで稚魚発見はほぼない

お隣のヒメダカビオでは普通に稚魚発見できるんだけどね…少ないけどw

当初は1匹だけいるヨシノボリのせいかとも思っていたけど…
除去しても変わらず…
ドジョウが卵のうちに食ってるのかも知れない

ミナミヌマエビはヨシノボリ除去後目に見えて増えてきた
小さな小さなエビが目を凝らすとあっちにもこっちにも発見できる

で、今朝は日淡ビオを掃除…
…掃除中に2匹の飛び出し事故死者を出してしまったけど…
そのさなか小さなシマドジョウを発見!
越冬してたらしい
ただ、エサが少なかったせいか小さなまま
なので、今回メインビオに移住してもらった

なんだかんだいってもメインビオの調子が一番いいからね

nice!(1)  コメント(0) 

採ったぞぉ!(サワガニ) [家族生活]

採ってきました、観光を兼ねて
というか嫁さんとデートを兼ねて

行ってきたのは四谷の千枚田というところ
本音で言うと思ったほど絶景ではなかったです
…想像が過ぎたか…

まあ、日本の原風景ではあったけどね

生き物もいろいろ、特にカエルがいっぱいいました
田んぼの中はおたまじゃくしで溢れかえっていましたw
そのぶんカエルもいっぱい

それをエサにするのかトカゲもそこここに!
見当たらなかったですが、きっと蛇もいっぱいいるんでしょうねw

あとはサワガニやイモリ
サワガニは少し頂いて来ましたw
so1163.JPG


その後は、道の駅に立ち寄って…
いわゆるお万代のバイキング食べてきました
人参の天ぷら美味しかった!
あとはジビエ(鹿)のカレーとか…美味しかったですよ!

nice!(0)  コメント(0) 

肉食系生物を買うために… [水槽飼育]

そのためには生き餌を用意してあげるということが大事
色々なブログには生き餌以外にも慣れるというような記事も見られるけれど…
それは慣れる個体もあるよ、という程度だと思っておくのが良いでしょう
生き物ってそんなに都合の良いものじゃないです

さて、我が家では現在、肉食系のものとして以下のものを飼育しています

1)アマガエル
基本的に生き餌ですが…
その昔カエル釣りをしたことがある方もおられると思いますが…
そう、それほど彼らは動くものに反応してくれます
目の前でエサを振ってあげれば食べてくれる個体も出てきます
ただ食べてくれててもある日突然見向きもしなくなることも…
数種類をローテすることで拒食を回避できる可能性が高くなります
比較的容易に慣らすことが可能な生き物一つだと思います
エサは、少し湿らせてから与えるのが良いようです
…もちろん、生き餌以外には一切目をくれない個体もあります

2)ヨシノボリ
彼らも比較的容易に懐くほうだと思います
乾燥アカムシや乾燥イトミミズを目の前に落としてやるとパクっと食いつくようになります
でもいきなりは難しいですね

比較的小さな水槽で飼育し…
生き餌を上から落としてあげるようにします
そのうち上からエサが降ってくることを学習して人が来ると餌くれポーズを取るようになります

そうなったら目の前に乾燥系の餌を落としてあげると…
パクっと食べるようになります
こうなると俄然飼育が楽になりますねw

3)オヤニラミ
こいつは真性の肉食魚ですね…
生き餌以外を食べてくれるようになる気がしません(汗

なので生き餌を常時与えられるようにしましょう

とは言っても毎日あげなければならないというものでもないです

入れたら入れた分を食べるというわけでもないので…
小魚を一緒の水槽に放しておくというのもありです

…さて生き餌の確保ですが…
1)定期的に取りに行く
天候に左右されますし、必ず採れるというものでもないのが玉に瑕
また病気・寄生虫などを持ち込む可能性もあります

思わぬ魚種をゲットしてしまって飼育種が増えてしまうという副作用も…
そもそも昆虫などは触れないとか…
思い通りのサイズが捕れないなど…困難は多いです

2)自家繁殖
餌となる生き物を自家繁殖させて適宜与えるという戦法です
うまく自家繁殖させられると採取に比べて格段に飼育が楽になります
ただし、種親(たねおや)を確保し、飼育しなければなりません

また、飼育する種類は飼育が容易でそれなりに増える種類でなければなりません

大尉のところでは…
ミナミヌマエビ、グッピーを飼育中
ミナミヌマエビは3つの水槽で…これは無限増殖ですね
グッピーは熱帯魚水槽で…1ヶ月に1回程度ですが…
それぞれ飼育中です

他にもモーリー系などが容易に増やせると思います

まあ、飼っているうちに愛着が湧いてエサにするなんて…
という本末転倒なことになる可能性もありますし
基本熱帯魚なのでそれなりの飼育設備が必要です

3)生き餌を買ってくる
それこそ多種多様な餌が売っています
ただコスパ悪いです
まあ、カエルのように代謝が低くて給餌間隔が長くて良いなら良いですが…
それでも定期的に買ってきて与えるのは結構手間がかかります

また、売っているところが近くにないとか…
買ってきても保存が効かない(死ぬ&大きくなる&変態する)など…
基本生きているので…

他には…
カマキリの卵を確保する(季節性&見つけるの大変&一時的)
おたまじゃくしの卵を確保(季節性&見つけるの大変&飼育容器必要)
などもありますが…

さて、ここまで読んで面倒だな〜と少しでも思った貴方…
生き餌を食べる生き物を飼うのはやめたほうが無難ですよw

nice!(0)  コメント(0) 

水質向上委員長「タニシくん」 [ビオトープ]

so1162.JPG

水槽やビオトープの縁の下の力持ち巻き貝くんたち
その中でもタニシの仲間はかなり凄いらしい…地味だけどw

それは、その食性によるところが大きい

彼らはなんと3種類もの餌の摂り方をするらしい

1)刈り取り食者(グレイザー)
言わずと知れた壁面清掃機能
壁面に生えてきた苔などをそぎ取って食べる機能
超有名な石巻貝に比べると劣っているのかも知れないけれど…
壁面をゆっくりと舐め取ってくれる

2)デトリタス食者
水底の沈殿物を食べてくれる
これは屋内水槽ではありがたい機能と言って良い

3)濾過摂食者
これは、しじみなどに代表される水中の懸濁物を鰓で集めて食べる機能
ご存知のように二枚貝の水質浄化作用はあなどれないものがある
事実、家のビオでもしじみの恩恵に預かっているわけだが…
二枚貝の欠点は閉じた水系では長命を得られないということ
二枚貝を十分に維持できるほどの養分が閉じた水系で不足するため
そして、澄んだ水を維持するにはビオトープだと最もこの機能が重宝する

澄んだ水=貧栄養=二枚貝死亡…

だが、タニシなら3種類の摂食機能をもつので濾過摂食機能維持したまま生きられる
つまり、濾過摂食を持った貝をずっと飼育できるというわけ

見た目が地味で結構でかくなるというデメリットについては片目をつぶるしかないw
でも、貝に求められる性能を全て詰め込んでいるというメリットのほうが大きい
…と思う

しかも、繁殖する
物の本によると雌雄同体ではないので雌雄を揃えるという必要はあるけどね

ちなみに、家では見事に増えましたw
繁殖にさえ成功すれば…
見栄えの悪いでっかいタニシはビオトープへ…
可愛らしい小さな稚貝のタニシは水槽へ…
という棲み分けもできる

写真のタニシは稚貝です
カワニナよりは可愛い…気がしますw

田んぼにいるイメージだけど…大尉はヨシノボリ捕りしてるときに川で掬いました
ちなみに、スクミリンゴガイも小さいうちはタニシと判別しづらく…
もし、間違って獲ってきてしまうと大変なことになるので…
見分けに自信のない方は市販のものを買うほうが無難ですよ

ということで、今朝知ったばかりの知識をブログに並べてみましたw

nice!(0)  コメント(0) 

ビオトープに浅瀬を作る [ビオトープ]

自然の水景を見ると浅瀬があったり深みがあったり…
でもビオでそれをやろうとすると難易度が高い

砂利や土で高低差を付けてもやがて平坦化の方向に収束する
…自然の摂理ですね
メダカ程度ならそのスピードは遅いけどね

石組みで流出を抑えてみたり…砂利を粗めにしたり…
対策は幾つかあるけど解決策じゃない
やがて浅瀬は浅瀬でなくなりますw

事例1
so1156.JPG

容器を容器の中に入れ込む
大きめのスイレン鉢などにそれに収まる容器を入れて…
その容器を擬似的な浅瀬にしてしまう

睡蓮や有茎水草なんかを植えて水上葉を楽しむのに適してます
浅瀬を表現するには砂利でも赤玉土でもソイルでも何でもオッケーです
流出することはありませんw

ただ、ちょっと自然らしさは損なわれます
睡蓮や水草が茂ってくることで若干カバーできますが…

利点としてはメンテのときに容易に分離できることです

事例2
so1161.JPG

浅瀬を人工的に作ってしまう
写真の事例ではプラ段で作った浅瀬です
耐久性が不明な上に見た目もクソもないですねw

利点としては、上底になっていて水量を維持できる
底上げした底は鉢底ネットにしてあるので通水性が維持されている
上底にして砂利が引いてあるので容易に移動が可能
もちろん、メンテナンスも超簡単
人工なので水位を自分の好きなように設定できる

今回の場合は金魚によるエビの食害を防いでビオ内での繁殖効率を上げるためです
若干は増えているんですが…
浅瀬があるとないとでは生存率に大きな差がありますよ

面倒なのは水位を気にしていないと浅瀬が干上がってしまうこと…
それが嫌ならそこを密封してしまうと良いですよ

nice!(0)  コメント(0) 

生き物飼おうよ [ビオトープ]

表題は皆さんに向けたものではありませんw
もちろん飼いたいと思ってここへ来てしまった人には大いに推奨しますよ!
でも見てるだけでいいという人は見てるだけでいいと思います

意外と大変だしw
今朝も金魚ビオの水中フィルターを洗いました

フィルター使ってなかったときの無換水ビオの時代が懐かしい
あのときは、10年近く足し水だけだったし
金魚もメダカも一緒に飼育してたからね…管理楽だったw

でも生き物を飼うっていうのは楽しい
毎日何かしら発見があるからね

で、表題に戻るんだけれど…
まあまあ飼育したいものはだいたい飼育してる現在
それでも心がざわつく今日このごろ
そう、あいつ
サワガニである

過酷環境下で越冬もしてくれたあいつ
昨シーズンは1匹が越冬失敗したものの2シーズン目も越冬したあいつ
アマガエル飼育ケージを入れ替える際に瓶に入れておいたんだけれど…
まさかの瓶が風で倒れる事件が発生!
敢え無く、コンクリートジャングルに消えていった

…それから幾年月…(4ヶ月ほどです)

世の中にはヴァンパイアクラブなるそそるカニもいるけど…
やっぱり日本の四季を生き抜くあいつのほうが…
しかも、自家採種できるしね

そもそも今回のカエルケージもカニを in する気満々の設計だし

実は、4月の終わりに生息場所に行ったんだけれど…
今年はいなかった…ちょっと早かったかもしれないけど

で、目標
今回もしゲットできる環境下にお邪魔したときは…
雌雄を判別してゲットする!(雌雄の判別は簡単です)
大なら2匹、小なら4匹を目標とする

ホントは今週行きたかったんだよな〜
金曜日に大雨が降ってなければ絶対に行ってた…行ってたよ

さて来週はどうかな?
家族の予定も睨みつつ…

【覚書】
スイレン鉢ビオの睡蓮の食害被害が大きいのでカワニナの駆除
メダカ卵対比ビオ設置
稚魚育成ミジンコ育成緑水ビオ設置
水中フィルター導水チューブ最適化
オーバーフロー部ネット改良

《問題》
5mmで放ったスイレン鉢ビオのヨシノボリがメダカ捕食サイズになった

nice!(0)  コメント(0) 

2018年06月のビオトープ [ビオトープ]

台風5号が近付くとか言いながら快晴の当地…
とは言っても昨日の豪雨のことを考えればガサりに行くのはちと考えもの…

なのでベランダビオの観察&メンテです

so1155.JPG

おたまじゃくし (Day 48)
かなり大きくなったとは言うものの足が生えた個体は見当たらず…
ただ、個体格差がかなり出ています
大きいものは2cm超えてきていますが…小さいものは1cm足らず

この差はすごいですね

おそらく、同時期に一斉に上陸した際に条件が悪く全滅を避けるためですかね?
とにかく個体差大きいです
水温も上がってきたのでそのうち足が生えた個体を見つけられることでしょう

問題は数…
未だ50以上いる模様
どなたかアマガエルほしい人いませんか?w
卵から育てているので寄生虫とか一切なしですよ!

so1156.JPG

so1159.JPG

スイレン鉢ビオのメダカ

睡蓮が一度も咲いたことのないスイレン鉢ビオw
今回は肥料も用土もしっかり入れ込んだんだけどなあ…

一旦、カワニナの食害で全部葉を落としたせいか?
一応、新芽が出だしたので夏に向けて期待したい

so1157.JPG

今年初発見のメダカ稚魚
こいつを見つけてからよく観察すると卵を幾つか見つけることが出来ました
先々週くらいから天気の良い日には卵をくっつけたメスを見てはいたので…
そろそろだろうなと思っていましたが…
やっぱり見つけると嬉しいですね

ちなみに、中古水槽ビオで発見しました
このビオではミナミヌマエビの稚エビも見つけることが出来ました
…もう3令ぐらいにはなっている様子だけどね

so1158.JPG

金魚ビオのお魚たち
覗いてすぐは金魚以外隠れちゃうけど…
しばらくするとの〜んびり泳ぎだします

金魚以外にはフナやカワムツ、オイカワが泳いでいます
あと、モロコか?
コイツラは全部自家採種したもの
金魚はなばなの里に遊びに行ったときに子供が貰ったものとその子孫です
わさわさビオのときに勝手に増えていましたw

今は、鑑賞を主体としているので産卵しても生き残ることは難しいでしょう

というところでしょうか?

他には、ヨシノボリに餌を上げたり…
オヤニラミの水槽に手頃サイズのエビを掬って入れたり…
プラケースビオの撤収&プラコンテナビオの新設準備
ベランダの掃除などなど…

いろいろと作業しました

nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | -