So-net無料ブログ作成

ビオトープ考(個人の意見です) [ビオトープ]

結論から言うと個人の好みで正解はない
ただ、生き物を飼うので生体が死んでしまうようなのは間違っている
つまり、生体が死なないのならばそれは是なのじゃないだろうか?

まさに自然に溶け込むようなものから容器に水を張っただけのものまで…
生体(主にメダカだけど)が元気良ければそれで良い!

翻って、個人的には…
円形の方が侘がある気がするw
多分、睡蓮やオモダカなどの水草が映えるのが円形のような気がする

しかし、機能的かというと円形は円形だけに制約が多い
大方の市販品は円形に沿って配置できない
水量の割に専有面積が大きい
魚を隅に追い詰めることができないw

いや、単にビオトープなら円形の侘び寂びさ加減は圧倒的に良い
底砂を入れてメダカを放ち、睡蓮を愛でる
これなら円形に勝るビオトープ容器はない気がする

だけど、なにかこうなんかやりたくなったときに円形は成約が大きい
そう、なんかやりたくなったら制約が大きいんだ!

で、こんな事を考えているわけだけど…
ビオトープでメダカをらしく飼うなら川がいるだろう!理論
諸氏!めだかの学校はどこにある?
そう、川の中なんだ!…唱歌にもあるよね!(事実かどうかは不明です)

で、実験的に川を作ってみた…
良いねえ!実に良い!(個人の感想です)
流れに逆らって泳ぐ姿や流れに身を任せて降っていく姿
実に良い!(個人の…略)

でも、大尉のビオは円形なので全然川が馴染んでいないわけ…
それはもうびっくりするぐらいw

そうなると、ある考えが湧くわけ…
新容器を導入するべきなんじゃないか?って

今日とか、まじ危なかった
嫁さんがいないので誰もブレーキしてくれないから…w
でも、一歩のところでとどまった…

『お前は、本当のところ何がしたいんだ!』という天の声が響いた…w

第1位はメダカを飼いたい!
これは間違いがない

エサをあげた時だけ深みからメダカが現れるっていうのは違う気がする
もちろん、人がいないときはつんつん泳いでいるわけだし…
しばらくすると浮いてくるのだが…その浮いてくるのがなんか違う気がする

で、川なのだ!

全然馴染んでないけど、メダカが泳いでいる姿がいとおかし(個…略)

でも激しくコレジャナイ感が襲ってくる…w

nice!(1)  コメント(0) 

ビオトープでの水カビ病 [ビオトープ]

水カビ病発生!
まあ、メインでもサブでもなくビンビオトープですが…

水カビ病となると残念ながら水を抜いて乾燥、日光消毒ということになります
もちろん、生体は除去、生きているものも除去ですね
もちろん、薬浴という手もありますが…
大尉のところの魚は基本小型なので発症した時点でちょっと無理ですね
水カビに勝てるような体力はないです

…最も、発症極初期で発見できていれば別ですが…

まあ、水カビは基本全換水の全消毒ですね
生体も諦めたほうが良いと思います
どうしても諦められないのならベアタンクでトリートメントでしょうか?
もちろん、薬浴必須で1ヶ月ぐらい様子を見れば大丈夫だと思います

今回の発症の原因はあまり綺麗でない側溝での採取
メダカとタナゴと間違えて採った小鮒が全員発症しました
ちょっと怪しいと思ったのでメインやサブに放つ前に様子見しました
…分散させて様子見していると8匹中5匹が発症しました

網を買って嬉しくなって時期外れの側溝で捕獲したのですが…
やっぱり、時期を逸してちょっと汚れた環境の魚はだめですね

ということで、ビンビオから水を抜いて日光消毒です
ミナミヌマエビ3匹とグッピーは発症していないものの除去ですね
屋外ビオで病気が発生することなんて滅多にないのですが…
ビンということで開口部が小さく酸素量が少ないことも関係するのかも…
ちょっと容器は考えないとだめですね
…もともと、嫁さんが捨てるという果樹酒を漬ける瓶だし用途が違う

なので、水抜き、日光消毒したあとも使うかどうか検討中です

もう一つ
あまりにも凶暴になったヌマチチブ…
隔離水槽を作ったのですが一晩で脱走…(汗
朝から大捕物するはめになりました
ああいう体型でも3cmぐらいなら平気で飛び越えるようです

まあ、底砂掃除ができたということで納得していますw
ただ、一晩で一体何匹のエビを食ったのかは問いただしたいところです

さて、彼にはどこに行ってもらおうか?

nice!(1)  コメント(0) 

ガサガサしに行く! [ビオトープ]

嫁がちょっとお出掛けなので今日もまた一人
これは行くっきゃないでしょう!ガサガサw

もう、だいぶ冷え込んできてるしシーズンも終わりだからね
間違いなく今シーズン最後!

狙いは、あいつ!
うん、もう止めようと思ったけどあいつが欲しい!
ということで本来は生息していないあいつがいる川へレッツゴー!
…名目はカワムツ取り!

水遊び用のシューズを忘れて運動靴で現地に行っちゃったけど…
そんなの関係ねぇ!
ガサガサあるのみ!

いや〜、水が冷たい!マジで冷たい!w
ウェーダー履いてまでやるというのは大尉の主義に反するのでまじで最後だと感じた

そして、魚、長時間は活動できなかったけど…
予想以上にオヤニラミが採れました
増加してるのかな?
そのせいかカワムツがあまり捕れなかった…

そして、餌用のエビを取りにったら…ブルーギルの稚魚採れた…
これは初めて採れた…5年ぐらい通ってるけど…
良くないなあ…こいつはマジで良くない…
他の魚が全部いなくなるよ…
とりあえず採れた分は鳥の餌にしたけど…全部取れたわけないからなぁ…

でも、そんななか嬉しいことも…
so1190.JPG

じゃ〜ん、何の変哲もないオイカワだけど…
今までガサった中で一番大きなサイズが取れた!
網の中を覗いたとき、ちょっと感動したよ!

…こんな感動を与えてくれる川が外来種でくだらない川になりませんように!
そんなことを祈らずにはいられませんでした

nice!(0)  コメント(0) 

ガサガサに行こう! [ビオトープ]

もう寒くなってきたけどねw
でも、真夏に行くと脱水とか怖いじゃん?
川辺りもクサボウボウで蛇とかいそうじゃん?

そんなわけでちょっと涼しくなった10月こそハイシーズンなんです(個人の意見です)

魚もやや活性が落ちて取りやすいし…(たぶん)

さて、用意するもの!
まずは何がなくても網、タモ網って呼ばれてるやつですね
大尉が推奨するのはこういうタイプ

エーワン 持運びに便利な!フィッシュハンター伸縮ミドル 網色ブルー SB30MD【あす楽対応】






まあ、網であれば何でも良さそうなもんだけれど…
最低限、網ガードが付いたもの!
優しく採取するならそうでもないけどアグレッシブに行くなら…
ガードナイト最悪一回ガサっただけで網がオシャカになります

そして、メダカの玉網

スドー メダカの玉網 大 【水槽 メンテナンス ネット】






こんな小さな網でどうするねん!
これは直接魚を掬うのではなく、ガサった網に入ってきた魚を選別したり…
網の中から掬い出したりする時に使います

網に入った魚って結構暴れる
容器に移す時に跳ねて逃げたりもする
魚って直接握ったりするとショックで弱ったりもする
その時にこの玉網があると便利
そっと掬って手で蓋をしながら容器に運ぶと逃げられにくいし魚に負担がかからない

考えても見てください
20度近い水温にいる魚が36.5度の高温でいきなり握られたら!
人間に換算するといきなり45度の熱湯掛けられたようなものですからね

あとは、入れる容器
余裕を持った大きめのサイズを推奨
持ち帰る際にも大きめのほうが魚に負担をかけません
持ち帰るのに1時間以上かかるようなら簡易のブクブクを忘れずに

持ち帰る数も最小限に!

あとは、ウェーザーとか…いろいろ装備は凝ると限りがないですが…

あ、そうそう
場所ですね
魚がいる場所を知ってないと採れませんw

ただし、ブログなんかで採れた魚の報告は場所がわからないように!
珍しい魚種だったりすると業者がごっそり取り尽くすなんてことも!
写真も魚のアップで場所の遠景など夢々撮らないように!
地形で場所を判定するプロもいます
写真の位置情報も当然オフ!

共有したせいで2〜3年で絶滅した例もあります

あと、荒天の後や、雨が降りそうなときも無理しない
深みがある所、流れが急な所も一人では行かない!
踏ん張らないと立てないとかもっての外です
人は30cmでも溺れてしまうので…助けてもらえない一人は無理禁物!

ガサガサ動画見たらわかると思いますが…
一人で行かれてる方はみんなめっちゃ浅い小川で活動されています
流れのある大きな河川とか足を滑らせたら一巻の終わりですからね!

まずは、人里近くの田圃へ流れ込む小川などでチャレンジしましょう!

nice!(1)  コメント(0) 

カエルハウス ver.2.0 再生計画 [アマガエル]

再生計画などと大袈裟だけど大きくなってきたカエルたちを放しただけw
20cmキューブ水槽などという狭小住宅から…
プール庭付き樹木付き噴水付きというリゾート住宅に引っ越し
…という感じか?

うん、贅沢極まりない

so1187.JPG

全景
カエルたちを放蛙する前に少々手直しを行った…以下備忘録…
後面パネルがきっちりと嵌まるように加工を行った
サイドにできる隙間を補正できる補助具を作成アタッチした
水面を低くした
噴水取水口を植木鉢の中に移動させた
植物をいくつか追加してみた
などなど…いくつか改修を行って ver.2.1 とでも言えるほどの改修を施した

イイネ!

でも見た目は変化なしw

so1188.JPG

アクリルの壁に張り付いて新居を偵察中のカジカ

so1189.JPG

噴水を固定している石の上で同じく偵察中のカジカ
広々とした水面を眺めてカジカ本来の生息域っぽい雰囲気…かも…

植木鉢にはカジカ生息域の河原にあるような石をゴツゴツ積んである
気に入ればその隙間なんかに入って休むだろう…と妄想
メダカ水槽に生えたまくったウィローモスを乾燥させたものも陸地には投入
その中に潜って冬眠をするかもしれない…と妄想

餌となるかも知れないワラジムシも投入
ワラジムシは、多分繁殖している
石や木片を裏返してみると必ず何匹かは見つかるので…
ただ、隠れ場所がありすぎてカエルたちが発見できるかどうかは不明ですw

さて、カエルたちが冬眠するまであと暫らく…
春に姿を見せてくれるかどうかは神のみぞ知る!

nice!(0)  コメント(0) 

ヨシノボリの餌付け [ビオトープ]

日本の魚の中ではなかなか味わい深い魚の1つです
難点は、割と綺麗な動きのある飼育水を好むのと…
なんといっても生き餌がメインなことです

ミナミヌマエビや魚の幼魚がコンスタントに入手できれば問題ないですが…
そうはいかないのが普通

でも、ご安心ください
ヨシノボリくんは、食いしん坊なので割と簡単に餌付きます
(スローモーション 58秒)


ね?

最初から食べてくれるヨシノボリくんもいますが…
それはたいてい売られているヨシノボリですね
天然物を川で採ってきた場合はちょっと一工夫が必要です

まずは、浅い飼育容器で飼育を開始します
で、最初は生き餌ですね
ミナミヌマエビの小さな物を目の前に落とす作業です
で、餌って上から降ってくるんだ!と覚えさせます
ちなみに、絶食気味で実行すると効果大です
…ヨシノボリくんには可愛そうなことですが…

そのうち、人が近寄ってくると顔をだすようになります
動画では顔をすでに出してますねw

顔を出すようになったら餌付け開始です
ピンセットで乾燥イトミミズや乾燥アカムシを挟んで目の前に…
くれぐれも怯えさせないように…

逃げてしまったり怯えてしまったりしたら…
生き餌に戻ります

ここで食いついてくれたらほぼ成功です
餌はちょっと湿らせてから与えたほうが良いですね
で、ピンセットから来るのが餌だと認識するようになると…
あとは楽勝です

しばらくすると目の前に落とすだけで食べてくれるようになります
そうなるとペット感が上がりますw

水質にはそこまでうるさくないですが…
溶存酸素量はかなり必要な様子です
そこだけ注意すれば飼育魚としてはかなり楽しめますよ!

nice!(0)  コメント(0)