So-net無料ブログ作成
苔・コケ・モス ブログトップ
前の10件 | -

2018年こんにちわ [苔・コケ・モス]

新年あけましておめでとうございます

…昨日は、移動疲れでちょっと体調を崩してダウンしてました
新年一発目の更新は苔ですw
う〜ん、ビオトープ表題なのになあ
せめて、模型で行きたかったw
でも、そんな元気もないけど…

で、実家の庭と京都の上賀茂神社付近の駐車場で見つけた苔をゲット!
so1077.JPG

実家の庭…
兼六園付近で見つけたのと同じかな?

so1078.JPG

苔ボトルにインしちゃったけどスギゴケかな?
どの場所にベストフィットするかわからないからテラやポットに分散させた

so1079.JPG

クリックで拡大します
ボトルの全景
色々な苔が生育中
普段は蓋がしてあるし冬の朝日をいっぱいに浴びてるおかげ?
カエルはガチャガチャのモチャです
何種類あるんだろう?
アヌビアスナナもこっそり成長中

底床面積がもう倍ぐらいあっても楽しめそうw

蓋と言っても密閉ではないのでそれが良いのかも
どんな苔も育成可能です…今の所


【テラリウム ガラス容器 コケリウム 苔 コケ 苔テラリウム 苔リウム アクアリウム アクアテラリウム 水槽 観葉植物 園芸 ハイドロカルチャー ガーデニング グリーン インテリア 緑 苔盆栽 癒し moss 初心者】 コケリウムガラス容器 シリンダーL



nice!(0)  コメント(0) 

2017年11月の苔 [苔・コケ・モス]

新しい苔ポットに入れた苔
so1055.JPG

さすが専用だけあって綺麗に中が見える
超観察しやすい

右上の兼六園ゴケや中央の奈良ゴケ、左のヒノキゴケもなかなか調子良い
ちなみに、名前がわからないので採取してきた場所の名前w
あ、兼六園の中じゃなくって近くの公園で採取ですよ

奈良ゴケはテラリウムで巨大化したものを分離させたもの
どうかな?と思ったけれど調子良いです

管理は、1日1回霧吹きのみ

so1056.JPG

テラリウムの中の苔
右側の奈良ゴケは相変わらず絶好調

アイリッシュモスも育ちつつある
あと、田んぼの土から生えてきた針状の草も育ちつつある

今年はうまく行かなかったけど来年こそは食虫植物を根付かせたい
モウセンゴケは三箇所くらいに分けて設置すればうまくいく箇所があるかもしれない
と、計画中

nice!(0)  コメント(0) 

新しいコケ [苔・コケ・モス]

so1043.jpg

兼六園に行ってきた時に見つけたコケ

あ!もちろん兼六園の中で採取したのではないですよ
まあ、兼六園自体はコケの宝庫でしたけどw

兼六園に行く途中の公園の植え込みの隅っこで見つけました
昼間に見つけたので帰宅したときにはシナシナになっていましたが…
水に浸けて霧吹きしたらこのように復活しました

nice!(0)  コメント(0) 

育つコケ in テラリウム [苔・コケ・モス]

どっちのカテゴリーにするか悩んだけどコケでw

まずは採取してきてすぐのコケ
so1041.JPG

これはこれでコケっぽくて良い感じではある

しかし、コケは育つのだ!
so1042.JPG

ちょうど一ヶ月ほど経過したコケ

撮影した角度が違うけど明らかにモフっているw
枯れてしまうコケも多い中…ホウオウゴケとかね…
みごとに育っている

滝の流れの脇に設置したんだけどどうやらお気に召したらしい
実際、小さな側溝の流れのちょい上に生えていたんだから似てるっちゃあ似てる
つまり、どこに生えててそれに似た環境が提供できるかってことが大事ってことだね

ちなみに、ボトルテラリウムの中ではどのコケも至って元気
そう、ヒノキゴケやコウヤノマンネングサでさえ
こっちはほぼ密閉で湿度艦橋の変化が少ないから
水槽より断然コケが適合する
簡単に移動できるしね

でも、水槽じゃあそうはいかない

まず移動できない
今日はちょっと日光浴でもする?なんてことは水槽じゃ無理

密閉できない
そんなことしたら中の魚が死ぬ…ような気がする

つまり、水槽内でコケを適合させるのは難しい

環境さえ適合していればコケなんてこのようにかなりの勢いで増えてくる
その反面適合していないと一気に枯れるけどね

今のところ大尉のところでは、3種がなんとか適合している
ホントはもう少し種類を増やしたいのだけれど…
適合しないのだ!残念!!

nice!(0)  コメント(0) 

新しい苔ボトルの作成 (1) [苔・コケ・モス]

まあ (1) ってなってるけど続くかどうかは不明w
昨日嫁さんとイオンを散策している時に見つけたボトル300円也
文字が入ってるしちょっとグニグニしてるけど…
ガラス自体は薄いしけして見栄えが悪いわけじゃない
文字は後方に向けてしまえばそれほど気になる量でもない
何と言っても300円w

so1017.JPGso1018.JPG

実物
これにメダカソイルを入れる…黒なので苔の緑が映えますよ

so1019.JPG

薄くソイルを敷いて水を吸収させる土をまばらにおいていく
…まあ、ソイルが十分水を吸ってくれて湿度保ってくれるんですけどねw
気分の問題

so1020.JPG

さらに好きなだけソイルを足す
できればこの時に傾斜をつけてあげると奥行きが出てベター
日光浴させてあげるときも効率的
小石は景観を出すのとこの傾斜を崩れないようにするのに使います
設置が終わったらトントンと軽く叩いてソイルと小石をなじませます
強く叩くと崩れて石がソイルに埋まってしまいますよw

まあ、この時点なら何度も取り出して気が向くまで再構築可能
好きなだけ試行錯誤しましょう

so1021.JPG

苔の投入!
緊張するよね!

今回はホウオウゴケやヒノキゴケなど4種類
ピンセットで軽く押し込んだり根本をつまんで差し込んだり…
くれぐれもいきなり全部敷き詰めるようなことはしないように…
苔が環境に馴染むかどうかは始めてみないと分かりません
そういう意味でも数種類少量づつがおすすめです

今回は蓋付きの容器で軽い密閉が可能なので湿気を好む苔を中心に入れてみました
水を斜めソイルの加減までひたひたに入れて…
最後は軽く霧吹きをして湿度を上げてからフタをして完了!

毎日の管理、霧吹きと息の吹込みが随分楽にできます
息の吹き込みはCO2の補充のためですねw

コウヤノマンネングサが子株を出したらこっちに移植するのが野望w


スドー メダカの天然黒玉土 1kg 関東当日便



nice!(0)  コメント(0) 

 [苔・コケ・モス]

昨日は栗きんとんついでに長野まで少し足を伸ばしてきました
ついでにと言うか主目的というか苔採取も兼ねてw

去年も訪れた先に行ったんですが…
植物相というか苔相がかなり変わっていました

去年は、ヒノキゴケ中心だったんですが…
ヒノキゴケは殆ど見当たらず中心はシノブゴケやホウオウゴケでした
よ〜く観察するとヒノキゴケも縮退して存在はしてましたけどね
他の場所も好天が数日続いていたので苔が縮こまっていました

つまりヒノキゴケをはじめ苔を楽しみたいときは雨の翌日がいいんでしょうね
これは滝の周囲でも同じ
湿気が十分あると思われる滝の周囲でさえ…
雨の翌日と好天が続いた日では様子が全く異なる
うん、勉強になった

so1015.JPG

苔テラに入れてみた
コウヤノマンネングサは、買ったもの
他はすべて採取

so1014.JPG

水槽テラにも入れてみた
ホウオウゴケやヒノキゴケ、名称不明ゴケなど三種

ヒカゲノカズラも入手したので設置
名前とは裏腹にかなりの光量を要求するらしい…無理かも?
植物的には苔ではなくシダ類らしい

so1016.JPG

関係ないけど昨日から今朝にかけて生まれたメダカの稚魚
ちょうど1週間…いまのところ9匹…
水草の上のアブラムシと比較しても小さいw
こんなプラカップの中でも生まれるとか生命力凄いね

nice!(0)  コメント(0) 

新苔テラリウム [苔・コケ・モス]

ガラス保存瓶で作ったコケリウム
容量的には良かったけど透明度が良くなかった…つまりよく見えないw
ソーダガラスだからね

そして、容量が大きいだけに場所も取るうえに重いので奥様には不評
いわく、掃除の時に動かしづらい!
いや、そんなに頻繁に掃除して…以下略

まあ、一番は中が見えづらいということで新テラに移行することに

で、できたw
so0941.JPG

以前のコケは間延びしてしまったりしてほとんど使用に耐えなかったので…
水槽の方から拝借
so0943.JPG

ホウオウゴケ系が結構育っている
また変なコケも水上葉化して使えそう

ついでにトリミングも実施して新コケリウムに植えた

アップ
so0942.JPG


なによりもおしゃれっぽくなった
ガラス製のティーポットは国産で透明度がめっちゃ高い

以下のサイトからお求めいただけますが…
イオンでも1,280円でお求め頂けますよw

ハリオ ポット リーフティーポット・ピュア [CHEN-70T] [RCP] HARIO



nice!(1)  コメント(1) 

ボトルテラリウム (3) [苔・コケ・モス]

so0885.JPG

概ね良好…の様子
スナゴケの青々さが癒やし効果抜群ですね

ヒノキゴケ、フデゴケも良好
ホウオウゴケはイマイチわかりづらいですが…まあイケてるんじゃないかな?

ということで、陸上部分は問題がない
しかし、水中部分
生き物を入れていないのはいいとしても…なにもないのはいけないのじゃないか?
そう思い始めて早2日…
たった2日?って言わないで、アクアリストの2日は通常人の2ヶ月に相当するんです

当面の思いつきとしては…
水槽テラのリシア、タヌキモを移植するということ
ウィローモスは、活着するので後々メンテをすることになったら大事になる…
なので繁茂はするだろうけれど却下

ということで早速イン!
so0886.JPG

リシア…少なっ!って言わない
ちなみにタヌキモも同じぐらい
こういうものはいきなり見栄え重視や理想量を入れないのが鉄則
少ない量から増やせば自然とボトル環境内に合った量まで殖えるから

最初から理想量を入れると…
殖えすぎて大変!見苦しい!
うわっ!枯れて腐ってきたよ!のどちらかになる

で、大事なことを1つ
密閉式のテラリウムの場合には蓋を開ける度に閉じる前に霧吹きをしてあげること
ミスト式とかいうんだっけ?
フタを開けることで少なからず中の空気が入れ替わってしまう
冬なら尚更乾燥した空気と入れ替わってしまう
これは、コケを中心としてボトルアクアには致命傷となりかねない
なので、閉じる前にシュッとミストを振りかけておく

あと、小さな貝を入れてみた
生き物が密閉式ボトルアクアリウムに向いているかどうかは不明だけど…

nice!(0)  コメント(0) 

2017年 [苔・コケ・モス]

あけましておめでとうございます
so0884.JPG

新しいコケをゲットしましたw
場所は京都!

写真では、中央より下側のもの
上のクローバー下側のコケも勢いづいてきてます
左側のウィローモスは水上化でますます元気
もうテラリウムポットは覆われてしまう勢いです

ちなみに採取場所は、もちろん仏閣の中じゃないですよ!
小さな公園のハズレの植え込みの裏手でです

そして、いつものことなんですがめっちゃ立派なコケもありました
でも、端っこの目立たないところからほんの少しお裾分け頂きました

コケぽいけどシダっぽくもある不思議な植物です
現地で見たところ平たく面で覆っていく様子
見える範囲では手のひらサイズが最大っぽかったです

nice!(0)  コメント(0) 

ボトルテラリウム (2) [苔・コケ・モス]

出来たw
so0878.JPG

最後は自宅マンションの駐車場脇に生えているなんてことないコケを一塊拝借
段状になった部分と詫び石の脇にちょっとづつ千切って配置した
so0879.JPG

それこそ街中のどこにでも生えているコケだけど…
まさにグリーンモスって感じでいい!

高価なコケを買ってくるばかりが技じゃないって感じがする
なにしろ駐車場の脇にすら生えるので半端ない適応力が期待できる

水もご覧のとおりピカピカ
アクアリストの悪い癖で何か生き物を入れたくなるけどぐっとここは我慢
生物を入れるとどうしてもレイアウトクラッシャーになるからね

カニとか似合いそうだけど最悪
良く食べるし糞も大きい、ついでに穴を掘るし力も強い
絶対に向いてない

万が一入れるなら小さなエビを1匹だね

ボトルテラリウムの利点はやっぱり持ち運び自由なところ
朝は陽の当たるテーブルに…
夜は冷えすぎないように家電の横に…
ゆっくり眺めたいときにはカウンターに…
その時々、気分次第で自由に配置できる

しかも、密閉容器にしてあるので湿度の管理に神経質にならなくて済む
気になったら蓋を開けて霧吹きで一吹き
1つ難点を上げるとすれば専用ではないので中が歪んで見えることw

均一のガラスで中が綺麗に見えるテラリウム密閉ボトル売出したら売れると思いますよ
…たぶんw

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 苔・コケ・モス ブログトップ