So-net無料ブログ作成
テラリウム ブログトップ
前の10件 | -

年末の大掃除 [テラリウム]

水槽台を自作するという大暴挙に出てみた
完成、うん、スチールラックの危うさがなくなって木製の危うさになったw
同じ危うさなら部屋にマッチした木製が良いね!

ついでに、水槽内の大掃除
ブセとアヌビアスナナミニを思い切って剪定しまくった
う〜ん、スッキリしたわ

高価なブセをチョッキンチョッキンに剪定するのって気持ちいい
買ってきた時の上手く育ってくれよという祈るような気持ちが嘘のようw
ブチッと引きちぎったりして…w
気持ちいいぐらい剪定しまくりました

ついでに、フィルターを掃除…
水も思いっきり換水
我が家では、水道水を手の感覚で温度調整してザブザブ入れます
アクアセイフやカルキ抜きなど一切不要!
そもそもカルキ臭なんて当地の水道から臭ったことがない

魚が強靭なのか?カルキが魚を侵すほどの濃度ではないのか?
エビだって死なないしね…ミナミとヤマトだけれど…

ということで本当のところは魚には大迷惑な換水が年度末に終わった
スッキリした

…で、このブセどうする?
捨てるにはもったいないよね!

nice!(0)  コメント(0) 

テラリウム&流動性フィルター ver.3.0 (2) [テラリウム]

こういう時にせっかちな性格は困るw
もうちょい置いてから設置しようと思っていたんだけど居ても立ってもいられない
自分の性なのか?はたまたアクアリストの性なのか?
アクアリストの性だと思いたいw

so1182.JPG

概ね全景
水槽左奥からポンプで送り出された水が流動性フィルター内へ…
巡った水は仕切板の下を通って上昇し川の始点へ…
植栽エリアを横切り川を一気に流れた水は滝へと流れ込む…
そして、浅瀬から飼育エリアへと戻っていく

うん、なんかすごいw

分水していた水をまとめたので結構な勢い
実は勢いが良すぎて出口で少し絞ってあります
全開にすると溢れる勢い

so1183.JPG

川部分のクローズアップ
嫁に言わせるとただの水路らしいw
まあ、蛇行もしてないしな!

川の流れ込み付近には富士山の火山石
富士山を始点にしている川の中流域で探したもの…
なので販売されているようなゴツゴツ感はない…そこは残念!
まあ、川を下ってきたら丸くなるよね
もっと、大きな物を探したけど川の中流域では難しいらしい
大雨のあとに行くと流れ着いてるかもね

そして、この川の部分で何か飼えないかな?と…しばし愚考
むずいよね!
川とは言っても容積が極小、なのに流速はそれなりにあるし…

ヨシノボリぐらいならいけるかもしれないけれど…
脱走されたら大変だし…
…カジカのオタマか…カエルになったら逃げるし…
思いつかないw

なにか案があれば教えてください

nice!(0)  コメント(0) 

テラリウム全面改装&流動性フィルター ver.3.0 [テラリウム]

テラリウムを大改装してみた

命題
1)川を作る
2)植栽エリアを狭小化
3)流路(ろ過部分)を単純化
を念頭に置いてみた
あと遊泳域を少しでも広げる努力w

1)については完全な趣味です
あったら面白いな〜とw
そこの部分で何か魚が飼えるかも…と妄想中

2)テラリウムにもかかわらず植栽エリアの狭小化とこれ如何に!
確かにテラリウムの華は植物、これは間違いがない
しかし、植物の繁殖力・競争力はあまりにも半端ない
ほんの少しのエリアでも手がつけられないくらい(汗
陸上植物は水草とは違うのだよ!水草とは!と思い知った次第

3)流路を単純化
ろ過のためと思ったけど後々メンテナンスがし難い
まあ、今回のように一体化したほうがし辛いとは思うけれど…
超単純な構造にしたのでチューブで吸うだけでも掃除できるんじゃないかな?と

で、現物を水槽内に入れてみた
まあ、朝も早くから家族の邪魔にならないようにですw
so1180.JPG

全景
まだ設置しただけで流れの確認中
想像と実際に水を流したときのイメージって結構違う

so1181.JPG

川の終末付近
うん、予想以上に飛び出してる
終末を決める終末点のアクリルは移動可能
最終的な位置決めはいろいろ試してから決定しようと思う
位置で飛び出しも違うのだ!

当初は流動性、植栽、浅瀬の各エリアを独立させていたんですが…
製作中にまず流動性と植栽エリアを合体させた
最終的に浅瀬エリアも…
で、川というか流路も着脱式から接着に変更…
ちょっと強度に不安を感じる構成になった

行き当たりばったりというか…
実際に頭の中で構想してるのと(図面には起こしてるけど…)
現物が出来上がってくるのとではまあまあ実感が異なる
仮置きとかすると更に…w

現在使っている人工滝は設置できるだろうか?
まだ検討中

レイアウト完了は明日だなw

nice!(0)  コメント(0) 

カジカ用テラリウム ver.2.0 [テラリウム]

カジカガエルにはガラスというものを存じ上げないらしい
…当たり前かw
存じ上げないものだからアクリル越しに餌を食べようとする
…う〜ん、辛い

なので家にある端材でカジカ用虫発生装置をリニューアルした

before
so1172.JPG

陸地は、アクリの上辺より下にある
カエルはアクリルの外側からしきりに捕食を試みる
…もちろん、捕食できないw

after
so1175.JPG

アクリルの上辺を低くし土の上面とツライチとした
また、陸地部分に傾斜を設けた

写真だとガラス面にへばりついているけれど…w
しばらくすると植木鉢の欠片の陰など思い思いの位置に陣取るようになった
いじくったので一時的に虫発生装置はその働きをやや失っているけど…
明日には、何らかの虫が発生しているだろう
虫って生命力が半端ないのだ!
一応、念のためにピンヘッドを10匹ばかり与えたけどね

nice!(0)  コメント(0) 

カジカガエル上陸ラッシュ [テラリウム]

台風一過、皆様いかがお過ごしでしょうか?

我が家でもちょっと言えないようなものが朝起きたら風失しておりました(汗
風は、予想外に強かったようです

さて、かなり狭い隙間からも脱走してしまうカジカガエル
それを甘く見て1号には脱走されてしまったわけですが…

それを鑑みてカジカガエルビオといいますか…
サワガニビオを稚ガエル育成用ビオに変換したというのは先週まで…
小虫がブンブンして世の奥様方には耐えられない環境を達成w
おかげさまで上陸したカジカガエルくんたちは元気です
何しろ無限に小虫が湧いてくるわけですから…

金魚ビオでカエルになったものも含めて今日までに5匹を確認
これは1匹くらい綺麗な声で啼くと噂されるオスが含まれているでしょう!
たぶん…
SO1173.JPG

擬態しているので超わかりにくいですが…
現状で1cm前後…小さいです
早いもので20日頃…遅いもので今朝、上陸を果たしたようです
オタマジャクシ捕獲から2週間前後ですね

捕獲時には脚が生え始めていたものもいたので餌は少量ですみました
むしろ、食べていないかも…ちなみに餌はザリガニの餌です
水換えはせず、タニシとミナミヌマエビ、ポトスの生物濾過
ベアタンクなので汚れが目立ったら汚れを吸い出し、減った分を足す
吸い出しは2回か3回です
そういう管理で全員上陸しました

さて、ここからこの子ガエルたちが果たして大きくなってくれるのか?
凄く、楽しみであると同時に不安です
何しろ、彼らは渓流に住むカエル…ここ名古屋ですからね…(汗

さて、来週は暑さがぶり返すんだとか…
大丈夫かしら?

nice!(0)  コメント(0) 

稚ガエル用テラリウム [テラリウム]

オタマジャクシは簡単に飼えるけれど…
それが、カエルになった途端にその難易度は跳ね上がる
ほぼ無理な状況

でも、ちょっとした工夫で最も危険な初期は乗り越えられる!
できれば今から紹介する飼育容器はオタマと同時くらいに設置してほしい
最低でも脚が出始めたら用意してほしいです

so1172.JPG

写真は20cmキューブ水槽ですが…
別にプラ容器でもいいです
蓋はカエルが逃げ出さない程度のものであれば大丈夫
写真は網戸のネットを利用した自作蓋です
ネットはあまり細かなメッシュを利用しないこと!後述しますが虫が通れませんw

メイン容器の内側に余裕を持って入る容器を入れてあります
大尉のものはアクリル板で自作したものです
更に小さなプラ容器や要らなくなったタッパーでも代用できると思います
そこに、小粒の赤玉土と腐葉土を半々に混ぜたものが入れてあります
植木鉢のかけらは、後々のため
なくてもオッケーです

容器の周囲には水が張ってあります
ちなみに、溺れる系のカエルを入れるときには上陸しやすい工夫が必要ですよ
ここに、脚が出て手が出始めたオタマジャクシを投入します
この頃になると一旦餌をほぼ食べないので給餌はしなくていいです
大尉のところはアナカリス、ミナミヌマエビ、タニシが入っています

エビやタニシは給餌するなら必須
残餌を処理し水の腐敗をある程度抑制してくれます

ポトスなど植物はお好みで…
あったほうがカエルになった際にカエルが落ち着きますよ

で、土を入れた容器に水をかけて湿らせます
ビチャビチャにしたらダメですよ
湿らす程度…毎日少しづつかけましょう

するとあら不思議!小さな虫が湧いてきますw
どんな虫かはビデオ参照
虫が嫌いな人見ない!

小さな虫がブンブンしているのが見えると思います
しかも、無限増殖状態です
湧き方が甘いと思う人はごく少量の鶏糞、腐敗バナナ等を添加するといいでよう
ちなみに、腐葉土は買った物より森などですくってきた方が湧きますw

稚ガエルといえども10尾もというと無理がありますが…
2〜3尾なら余裕です
初期の2〜3週までなら余裕ですよ
ペットショップで割高な初齢コオロギとか買わずに済みます

nice!(1)  コメント(0) 

そうだ川を作ろう! (1) [テラリウム]

ということで川を水槽内に作ってしまおうという魂胆…というか妄想?
そして、あわよくばその川の中で何かを飼っちゃおうという魂胆

構想では60cm水槽に対し幅55cmの川付きフィルターテラを作るというもの

フィルターは、もう我が家ではおなじみの流動性…
ろ材はもう十分熟れているのでそれをそのまま使う
まずポンプで揚水された水は、この流動性エリアでろ過される
そして、ろ過された水は川の源流となる予定

川部分は、概ね流程25cm、水深3〜5cm、川幅4〜5cm
アクリルで作ったものに天然石で若干流れを付ける予定
そこを流れきった水は滝から新浅瀬エリアへと流れ込むというもの
鑑賞側の側面はよく水族館であるように見える化する
それで何かを飼育したとしたら鑑賞できるわけ!

今回もテラなので植栽エリアを当然設けるんだけど…
その面積は小さくする
テラリウムの維持で難しいのは植物の異常なほどの成長をどう抑制するか
これに尽きる
とにかく繁茂力が半端じゃない
成長が早い植物を入れた日にはあっという間に崩壊系だ
そうならないためには一般的には難しいとされるものが良い
難しい=成長が遅い、環境に馴染みにくい、物が多いから

あと、やっぱり上に伸びるものは難しい
なので草系だね

あと、浅瀬
今の浅瀬は本当に浅いw
すぐに干上がってしまうので…
今度は浅瀬が常時浅瀬であるように少し水深を取る…
というか受け皿風にする

常には本水槽と繋がってるけど…
水が蒸発しても分離独立した浅瀬となるようにする

あとは、水量が問題
果たしてPF-731で事足りるのだろうか?

GEX 本体 イーロカ PF−701 60〜90cm水槽用水中フィルター(ポンプ式) ジェックス 関東当日便



nice!(1)  コメント(0) 

吸血蟹! [テラリウム]

と言っても実際に血を吸うカニなんているわけじゃないですw
まあ、カラーリングで雰囲気なんでしょうね


バンパイアクラブ・オレンジ 1匹







小さな東南アジアかどっかのカニです
サワガニよりも小さく、当然、水を汚すことも少ない…はず
色もまあまあ派手
きっと飼育映えするでしょう

でも、カニのことを考えてレイアウトすると…
きっとそこには水槽にコケいれてるの?という状態になるでしょう

カニだからねw

うちのサワガニ夫婦も生存してるかどうかも不明…普段は…
まあ、1日に何回かは顔を見せるですが…
魚のように泳ぐわけでもなく…
基本、じっとしてる系

鑑賞には向かないよね、カニって

それに、このヴァンパイアクラブ…
東南アジア系だけあって冬場には加温が必要らしい
…ないわw

でも、今現在のテラリウムの改装計画として…
更に水位を下げて…水槽内に小川を作ってしまおう計画が発動したら…
ありかも知れない…と思ってます

今はまだ、カニページを見て妄想してるだけですw

nice!(0)  コメント(0) 

2018年05月の水槽 [テラリウム]

まずは、ソーラーポンプを使ったカエルビオの浄水装置を version up !
so1140.JPG

洗濯ばさみで挟んであったのを小型の土管を通してより自然らしく…
まあ、ドカンの時点で人工物ですがw

作業中に落として土管が粉々になったときは挫けそうになったけど…
ボンドでくっつけて復活させました

朝は7時頃から動き出して立地の関係もあって16時頃まで稼働しています
小さな水系なので十分な浄水が見込めてる気がします

樹上のアマガエルと泳ぐオイカワ稚魚
う〜ん、イケてる気がする

さて、もう1ヶ月以上底砂の掃除をサボったテラリウム
…あれなんですよね
LEDライトを変えたら何か汚れにくくなったというか…
なのでサボってました

でもGWも最後なので思い切って濾過槽からポンプから全部洗いました
針状藻が濾過器の中で無尽蔵に増えまくって流水性を低下させてるしね
まあ、もうそろそろ…という状態でした

濾過槽の中では前から薄々は感づいていましたが…
ミナミヌマエビが繁殖してました
どうやって入り込むのか…遡上か?小さいうちに吸い込まれてか?
綺麗にしてもしばらくするとエビが中に住んでいるんですよねw

なので、今回は最初から濾過器にいたエビは濾過器に入れておきましたw
好きなんだもんね、きっと

気候も良くなってきたので…
ベランダでゴシゴシゴシゴシ…
流動性濾過器の濾材だけは洗わずに使用
洗うと濾過バクテリアが死んでしまうからね

で完成!

めっちゃ流水性が良くなりました
まあ、ついでの流量を最大にしたせいもありますが…

パンして水景も移していますが…
グッピー多すぎ
産仔してもほとんどは餌になってしまうんですが…
それでも1回につき数匹が生き延びるんですよね

ちょっと夏になってきたし…
VS ヨシノボリでも生き残れるかチャレンジして貰う予定

nice!(0) 

2018年04月のテラリウム水槽(テラ部分) [テラリウム]

水槽のテラ部分です
なにげにこういうのをアップするとアクセスが増えます
何故でしょう?w
so1115.JPG

今回のはクリックすると結構大きくなりますw
もしよければ大きくしていろいろな植物の茂り具合を御覧ください

苔の色がちょっと悪いです
奥の方の苔はマアマアですが…
ジュエルオーキッドは、他の植物に飲み込まれそうです
一応、イワヒバを少し剪定はしたんですが…
小型のチドメグサっぽいものは繁茂の一途、その繁茂の仕方は気に入ってます
アスパラガスもまあまあ繁茂しています、時折新芽はぐっと伸ばします
まあ、カットしますがw
多肉もハルオチアを含む4種が頑張っています…銀髭とか…

以前はここに小さなサワガニが住んでいたのですが…
テラ部分を一新する際に水死してしまいました
おそらくサワガニにとって、水上に出られないのはダメなようです
あるいは、パッファーに突かれてしまったのかもしれません

というわけで、現在このテラ部分にはトビムシぐらいしかいません
300平方cmという僅かな陸地で暮らせる動物というのはほぼいません
さらに、脱走しないという制約を課せるとさらに難しいです

当地は今日は肌寒いくらいのバッド天候
採取の旅は来週までお預けですね
残念!

nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | - テラリウム ブログトップ